我が家の衣・食・住あれこれ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








洋服祭り


こんまりさん式にならって片付けしてみた。
手持ちのアイテムを広げて、ときめくかどうかで判断しモノを厳選していく。

とりあえず洋服。



トップス48トップス28

気に入っているのに、あまり大事に扱っていないセーターに気がついた。ときめいている服にこの扱いはないんじゃない!?と突っ込みを入れたかった。
着れるけどときめかないものも多数。



ボトムス23→14ボトムスは間引く前の写真をとり忘れちゃった。
これは残ったもの。
23枚から14枚に減らした。
右列下から2枚目のバイアスに変則水玉模様のスカートはもう10年くらいはいてるけれど、いまだに現役。
試着して生き残った。













ワンピース14ワンピース8

ワンピースは夏の汗染みなどで残念になっちゃってるのをさようなら。
あと気持ちがいい麻のワンピは、もうワンピースとしては着ないのでシャツ丈にリフォーム。







ジャケット・コート13ジャケット・コート11
コートは潔く手放せなかった。
着る頻度や他のアイテムとのバランスから考えたらもう少し枚数減らしたい気もするけど。
どれも少ないながら着ていたしなあ。
価格がするものだから、おいそれと買えないし・・・
と判断に甘さが出た。



厳選した服は、見事にベージュ・カーキ・黒。(もともとその傾向ではあったけど)
色に幅がないのが写真を見て明らか。
減らした結果の総アイテム数 61着。
数字にしてみたら意外と少ないと思った。
でも足りない感じしなくて、今の私が暮らしてくのに充分な数だ。







スポンサーサイト



2011⁄06⁄26 23:20 カテゴリー:片付け comment(0) trackback(0)
▲pagetop








手放せない2


前記事からの続きです。


洋服以外に気になるものが、紙モノ。
自分の考えや気持ちをつれづれ書いたノートが4、5冊ある。
20代後半から今に至るまでの葛藤や気付き、後生大事にとってあって。
心の軌跡を捨てるなんて考えもしなかったけど、「これ捨てられるかも」と今思ってる。

ノートを時々読み返してあの時こう思ったんだって再確認を時々してたんだけど、そんなことに何か意味あるの?

私は日々、うつりかわって変化し続けている。
今どう考えるかが一番大事じゃないのかなあ。
過去の私の苦しさやらいろいろ再確認してるって、何やってんのって思う。
それこそ夫が言う「自分がかわいそーかわいそーの悲劇のヒロインになってんだよ」って状態なのでは?(時々このようなことを言われるのです。言われて更に理解してくれない!と悲劇のヒロインになるという悪いループ。私もこんな自分をなんとかしたいと思っていました)


私は感じたこととか考えとか気持ち、意識化する力が弱いから自分がこう思ったんだってことが覚えておけないような気がして怖い。
だから日記だの、記録だのがすきなのか。
でもそうやっていちいち書き留めていくから、そこに書き留めたことのみにフォーカスされて、「今どうか」と研ぎ澄まして意識することから遠ざかってしまうのだろうか。
ここらへんはまだよく分からない。


こないだ、テレビでカズオイシグロの特集をやっていた。
分子生物学者との対談で「記憶」がキーワードになったところでいろいろなことを感じた。
対談は「人のアイデンティティを支えるものは記憶である」と展開する。

私はそれを見ながら上記の記録したい私と記録を手放せない私の姿を連想した。
そして。
だけど記憶は私の脳なのかたましいというのか、よくわかんないけど、ともかく「わたし」に染み込んでいるのだから、その記憶は信頼できるんじゃないかって思ったんだ。


だからモノとして残さなくてもいいんじゃないかって。
わたしは自分の記憶(つまりは自分自身?)を信頼できず、あれもこれもとってあって捨てられない。
古い日記や写真。
もちろんそれらは大切な思い出。
でも量は減らせると思う。
思い出すファクターとして、もっと厳選できるんじゃないかな。
写真やノートがなくても、今生きているわたしがそれらの記憶そのものであるなら。
安心して手放せる。
そしてそうしたほうが今や未来の私にとっていいことだと自然に思えた。

第一、そのノートを家族に読まれることを想像したらイヤだなーと思う。
そういう私をとっておく神経・・・!
ネガティブにとらえがちな自分をなかなか変えられなかった姿と、つながっているんだと思う。


見た目スッキリな家にいても、片付かないなーと感じていたのはわたしの心がごちゃごちゃしていたということなんだろう。



この後、怒涛の捨て始まる。
実践には今話題のこんまりさんの本を読んでお手本にしました。
また気が向いたら、実践もレポートします。







2011⁄06⁄16 01:06 カテゴリー:その他 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








手放せない


やましたひでこさんの「ようこそ断捨離へ」を読んだ。
捨てる系の本はさんざん読んできたが、また発見があった。

知人が我が家に遊びにくると、モノが少なくてスッキリしてるねという感想をもらう。
片付けるのがイヤだから日常使うモノは、なるべく少なくしたいから確かに見た目スッキリかもしれない。
でも何だか、自分とこはごちゃごちゃして片付かないなーっていつも思ってる。
客観的な評価と、自分自身の感覚がずれていると思う。

で、本を読んで思った。
私、個人の持ちものにはあまり手をつけていないんじゃない?

洋服、靴、CD、本、写真アルバム、古いノート・・・

引越しである程度は整理し、生活空間を脅かすほど持ってるわけじゃないからいいかと見過ごしていたが、使ってもいないものをどうして手放せないのか。
洋服、「子育て一段楽したら着るかも」なんて捨てない言いわけして一部残したけれど、きっと数年後に今眠らせている服を着て、似合うとも思えないし幸せな気持ちがしない。だから結局活用しないだろうって頭では分かっているのに、手放すことができない。
スペースや手間をかけて保管している。何のため?



仕事をしてた頃、忙しいけど充実してた当事のこと思い出す。
私楽しかったんだなあって思う。ファッションを楽しんで欲しい洋服を自分で買える喜びとか、選ぶ楽しさとかそういう思いをあれらの洋服にこめちゃってるんだなあ。モノ自体はさ、今の私にはもう価値ないのに。

じゃあ、今の私はそういう楽しさから遠ざかってつまらない?
そんなこともないよねえ。
今は子供と気兼ねなく遊べるラフな服が快適。
ほとんど毎日同じ服だけど、以前とは違う楽しさがいっぱいある。
手軽に洗えて動きやすいのがマスト。

今後仕事に出るようになったらその時に自分に必要だと思える服を吟味して探した方がいい。
何年も前の服を、時代遅れと感じながら着るよりも。
過去の楽しさ(服にこめた私の気持ち)を手放せないでいるのって、今を充分に楽しめないでいる自分とつながっているのかもって思った。
(注*子育てを楽しんではいるのですが、早く仕事に行きたい自分も出てきます。子供が小さいうちは母は家にいて欲しい考えの夫と時々この点でぶつかるんです。私、子育てに専念ということが時に苦しく。でも本当は自分自身も今は専念したいんです*)


あの傷んでいない、かわいい、でも今の私には必要ない服たちは、私が心のどこかでしがみついている過去の楽しさを代表してる。
これを手放せるかどうかで今の私の姿や生き方も変化してくるんじゃないかって思う。

ていうか。手放せる心の状態に変容してはじめて捨てられるんだろうか。
でも形を整えるのが大事というようなことが本には書いてあった。
物理的に手放していくことで心が変わっていくということなのか?
かたちからってやつ?



長くなってきたので、続きはまた。









2011⁄06⁄16 00:21 カテゴリー:その他 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








さくっと


さくっと更新。

使い勝手の悪いところを発見して、マイナーチェンジする。
ほんのちょっとの変化だけど、使いやすくなると嬉しい。
でも、一旦モノを置くなりしまうなりすると、それが頭の中でも固定しちゃう。
だから代えるべきポイントが見つかると嬉しくなる。



ブログを更新するたび、思うこと。
自分のブログのカテゴリーを整理したい。
でもどうやって分類したらいいか、まだ明確にならないなあ。


最近は小杉健司という作家にはまり、何作か続けて読んだ。
家族の絆をテーマにした話が多く、ベタな展開にだあだあ涙を流している。


それから話題の断捨離の本を最近読んだ。
気付きもあったから、書きたいが、子供が起きそうなのでまたにしよう。

ああ、いろいろ書きたい。





2011⁄06⁄09 22:38 カテゴリー:その他 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

はるか

Author:はるか
ママになっても片付けは苦手。夫と息子三人、快適に暮らせるように日々模索中。こざっぱりした家が目標です。


最近のコメント


最近の記事


FC2カウンター


カテゴリー


シンプルアーカイブ


リンク


ブログ内検索


▲pagetop



Copyright © 2011 こまめに片付ける女になる☆. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。