我が家の衣・食・住あれこれ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








おむつのこと


おむつは、紙おむつと布おむつを併用することにしました。

昼間は布おむつで、就寝時と外出の時は紙おむつを使います。

友人にたくさんの布おむつをお下がりにもらったので、初期投資はおむつカバー2枚新調しただけでした。
保育園の園長をしていた友人の母が、その保育園でたくさんの園児に使用していたおむつを、友人が子供を産んだ時譲り受け、二人の男の子を育てさらにそのお下がり。

いったい何人の子のおしりにあてがわれてきたおむつなのか。

しかし、この使いこまれたクッタリとした柔らかいさらしが、子供のおしりによくなじんでとてもいい感じなんですよね。布おむつは洗う手間はありますが、おしりにぴったりと沿う感じがしていいなと思います。紙はなんというかごわついてるから着け心地としてはどうなのかな、と。
布ナプキンを使ったことはないんだけど、布ナプ愛用の方はこんな良さを感じているのかもしれないですね。


それと、紙おむつだと私ケチな気持ちになってしまうんです。
紙おむつの吸収力は本当にすっごいなーと感心するほどで、相当なおしっこをしててもおしりはさらさら。
早めのタイミングでおむつをチェックした時、あまりたくさんしていないともったいないような気持がしてしまう。布だったらすぐに替えてあげなきゃって自然に思えることが、紙だと「もう少し、待ってから見ればよかったな」ともったいない気持ちになりながらおむつ替えしたりしてる。だんだんに替える間隔があいていってしまう気がします。

だから今の私には併用するのがベストかな。
梅雨時などは紙おむつにかなりお世話になることと思うけど。なんでも臨機応変に!


一式赤ん坊のおむつ替えや、着替えは待ったなし。
あちこちにしまって、そのたびに取りに行くのは大変なので、すぐに使う一式はこのカゴに全て入れることにしました。

ここには、布おむつと紙おむつ、おしりふき、着替えがワンセット入っています。これを子供のそばに置いとけば何かあってもすぐ対応できるから便利です。





スポンサーサイト



2010⁄01⁄29 14:21 カテゴリー:お部屋 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








おっぱい事情と、哺乳グッズ


今日で息子も生後1ヶ月。あっという間に新生児さん時代は終わってしまいました。

6674830_1309825067.jpg母乳で育てたいなあと思っていました。赤ちゃんが生まれれば母乳は出てくるもんだと安易に考えていました。

低体重で生まれたのでおっぱいを吸う力が弱かったこと、私のおっぱいも吸いやすい状態ではなかったこと、産院の姿勢が「母乳で育てましょう」と掲げつつ、「まずは体重を増やして。大きくなれば吸えるようになるから」というもので産後のほとんどを哺乳瓶でミルクを与えたこと、などが重なって母乳はじり貧な状態になっています。

でもやはりがんばってみたいので、今は産婆さんにマッサージをしてもらったり助言してもらい、母乳育児に向けて息子とおっぱい格闘中です。3日前に初めておっぱいに直に吸いつくことができて、すごくうれしかった!




産む前は母乳が出るの前提で、ミルクに関する道具は全く用意していませんでした。しかし、必要に迫られて哺乳瓶や洗うブラシ、消毒用品などを購入し現在は混合でやっています。
今は実家ですが、来週の頭には自宅に戻ります。それに伴ってこれらのミルク作りに関する道具の置場をどうするか考えているところ。

そして自宅には保温ができるようなポットがないのでどうしようかな~と悩んでいました。「保温ができるポットを買うか、すぐにお湯が沸く電気ケトルを買うか」と実家の家族はグッズを買うことをしきりに話してきます。でも私は思う、なんとか買わないでやれる方法はないかと。買うのは手っ取り早いけれど、買ったらそれを使わなくなったときに手放すのがいかに大変か想像できるから。多分電気ケトルを買ったら私は今使っている、やかんを使わなくなるだろう。用途が同じものは2つもいらないと思うんです。

で、調乳のお湯問題はこんな風にしようと思ってます。
家にある500mlの保温水筒に熱湯を入れてミルクを溶かすために使い、夏場のお茶をいれておく耐熱ガラス瓶(1ℓ)に湯冷ましを入れてミルクを作る。
これでとりあえずやってみて、それでもどうしても不便なら、その後吟味して買うことを考えればいいように思います。

もしかしたらこの先、母乳が出るようになってミルク道具が不要になるかもしれないしね!







2010⁄01⁄22 23:27 カテゴリー:お部屋 comment(3) trackback(0)
▲pagetop








鍋、数えてみた


皆さんが鍋の数を数えていて私もやってみたくなりました。

~モノ★カウント プロジェクト~

これは、「整理収納手帖 -整理収納アドバイザーyoshiの日常-」のyoshiさんの企画で

2010年はモノの数を調べます! ~モノ★カウント プロジェクト~

1月のテーマは「鍋」なんだそうで。



①片手鍋 中
②片手鍋 小
③フライパン 大
④フライパン 小
⑤フライパン テフロン
⑥パスタ鍋
⑦土鍋  大
⑧一人用土鍋
⑨魚焼き網
⑩やかん


結果は、きっかり10個でした。

⑤のテフロンはもうはげはげだから処分するつもりがしまいこんだままだったから、もう捨てよう。
⑨の焼き網も、以前魚焼きグリルがなかった時に使っていたもので、今は全く使っていないからなくてもいいな。

結婚したお祝いにいただいたのが③④⑥⑦で一気に4つも増えました。
⑥のパスタ鍋があんまり活用できていないので、これから出番を増やしてあげたいです。







2010⁄01⁄19 19:49 カテゴリー:その他 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








今さら報告の、結婚式


昨年10月に挙式と披露宴をしました。今更感が、いっぱいですがせっかくなのでご報告を。

2009_11052009写真0171
結婚する前に、妊娠したことが分かり、正直挙式や披露宴をするかどうかを迷いました。私は安定期でお腹もまだ目立たない8月中には執り行いたかったのですが、彼の仕事の都合上10月になってしまうことが分かっており、お腹もどのくらい大きくなるか分からないし体調の心配もありました。では、産んでから行うというのもありかと考えました。だけど実際産後子育てしながら、結婚式の準備は30代後半の私にはキツイ、ヨレヨレに違いない(悲)。体型だってどうなるか分からないし。もしやるとしたら産後1年は経過してないと無理そう。だけど、産後1年も経過して私は40間近、そんな状況で子連れで挙式をするようなキャラ?20代で若くしてデキ婚で子連れ挙式ならともかく、私と彼がそれをするのはどう頭をひねっても想像できません。
(アラフォ子連れ挙式を否定するのではありません。あくまで私個人がそうしたくないというだけです)


となると、産む前に結婚式しないと、多分結婚式をしないことになりそうだなーと思い、大変かもしれないけどやろうということになりました。

よく結婚式の準備は大変だという話を聞くけれど、幸い私は楽しくやることができました。妊娠や引越しの関係で仕事を減らしていたので平日に動ける時間があったこと、招待客が身内のみで少人数だったこと、両家の親が私たちだけに全て任せてくれて口出しがなかったこと、当の本人たちに式の思い入れやこだわりがなく無難に安くやりたいという点で価値観が一致していたことがよかったのかなと今は思います。

PA040051.jpg式の時は妊娠7カ月。ドレスは1週間前の試着で1㎜の猶予もなく当日着れるかハラハラしましたがなんとか入ってホッとしました。この頃はすでに胎動も頻繁にあったんですが、式の最中は非常に静かないい子でした。しかし終わった後、ドレスを脱いで部屋でくつろいでいると、今までにないような激しい動き!ドレスで締め付けて「苦しかった~!!」と暴れていたんでしょうか…。

叔父や叔母も、産まれてくる子を楽しみにしていてくれるのが伝わり、彼の家族がアットホームでとても温かい雰囲気なのも嬉しく、結婚式をやって本当によかったなと思いました。







2010⁄01⁄17 19:05 カテゴリー:その他 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

はるか

Author:はるか
ママになっても片付けは苦手。夫と息子三人、快適に暮らせるように日々模索中。こざっぱりした家が目標です。


最近のコメント


最近の記事


FC2カウンター


カテゴリー


シンプルアーカイブ


リンク


ブログ内検索


▲pagetop



Copyright © 2010 こまめに片付ける女になる☆. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。