我が家の衣・食・住あれこれ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








新居


10月の連休に引っ越しを予定していますが、引っ越し先の新居が決まりました!
彼は長男であり、脳梗塞後の後遺症で体が不自由な親さんを長い期間放っておくことはできないので、なるべく早いうちに家を建てて同居するという話。そのため今回の住まいは仮住まいといった感じになりそう。

(同居なんて大丈夫かー?!あたし・・・これも人生勉強か)


で、立地と家賃を優先事項にしたので、築年数は妥協して築20年の物件です。
古いけど、風通しもよさそうで見晴らしも抜群。目の前がゴルフ場なので緑が豊富!文句はありません。10畳弱のLDKの隣に、6畳ふたま続きの和室と、玄関入ってすぐの北側に変形6畳の洋間がひとつの3LDK。親子3人で住むには十分かな。
どういう風に暮らそうかなーと考えている時間は心がワクワクします。
どうしても必要なもの以外は家具は新しく買わず、今あるもので暮らすつもりですが、どこに何を置こうかなーと考えて家具の寸法を測ったり、使い勝手の良い配置を考えていくつかのパターンにしてみたり。すごく楽しい(*^_^*)
明日からの契約になっているので鍵がもらえたら、早速足を運んでメジャー片手に家中を測りながらイメトレしてこようと思います。


捨て作業もスパートかけなきゃ!
こないだ粗大ゴミ捨てれる日のチェックしたら、あと1回しかチャンスないことに気がついた~。




スポンサーサイト



2009⁄08⁄31 15:44 カテゴリー:お部屋 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








最低限家事


All aboutで更新されている金子由紀子さんの「シンプルライフ」の記事が好きで時々読んでいます。最近見つけた記事でシンプルライフ的最低限家事のススメというのがありました。

「終わりがない家事、快適に暮らすには最低限この5つだけやっておけばだいじょうぶだよー」というような内容で。

その5つとは・・・

1.リビングの床にモノがない
2.食卓にモノがない
3.シンクに汚れものがない
4.玄関に靴が散乱していない
5.洗面所の床と鏡が汚くない


「けっこうハードル低めじゃありません?」と金子さんは書いている・・・。





我が家はどうだろうかと、(まあだいたい予想はついていたけれど)写真を撮り歩き、「やっぱり~」な結果。トホホ(>_<)

1.リビングの床にモノがない
リビングの床にはモノが散乱
アウト!














2.食卓にモノがない
ダイニングテーブルの上

アウト!














3.シンクに汚れものがない
洗い物はたまる

アウト!














4.玄関に靴が散乱していない
脱ぎ散らかされている

アウト!















5.洗面所の床と鏡が汚くない
洗面所の鏡
アウト!















うっわ~、全滅だよ(>_<)

しかし、金子さんは最後にこう締めくくっています。
「現在全滅、という人でもだいじょうぶ。自分にできるひとつからはじめましょう。全部できた日はアイスを食べてもいいことにしましょ~」って。

今日できることからやればそれでいいのだ~。








2009⁄08⁄16 18:28 カテゴリー:汚部屋 comment(3) trackback(0)
▲pagetop








結果こうなった


火曜日の排水管清掃、無事(?)すみました。

廊下、洗面所、リビングのごちゃごちゃを、とりいそぎ何とかしなくては!
・・・と、がんばった結果。

結果はこうだ

結果はこうだ2

ひとまず全部、寝室に放り込んで扉を閉めただけ・・・。
部屋から出るにも、洋服取るにも荷物の山を踏み越えて、って状態。











2009⁄08⁄13 21:59 カテゴリー:汚部屋 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








ヤバイ


チラシ 
今日部屋のゴミをまとめているときのこと。
いらないつもりで、くしゃくしゃっと丸めたチラシにふと目をやると8月11日の排水管清掃のお知らせだった。引っ越して4年強、こんなの今まであったかなあ?




さらに、読みすすむと・・・・






なんですと?

なんですって?

部屋入るの?ウソーーーー!!!
明日は片付ける時間ないから、今日のうちになんとかしないと。
うぇーん(泣)







2009⁄08⁄09 21:24 カテゴリー:片付け comment(0) trackback(0)
▲pagetop








アーツ&クラフツ展に行く


10日ほど前ですが、生活と芸術―アーツ&クラフツ展を見に行きました。

「生活の道具に美しいものを取り入れよう」という考えからイギリスのデザイナー、ウィリアム・モリスが提唱したデザイン運動のことをアーツ&クラフツと言うそうで。そのアーツ&クラフツをメインテーマにした美術展でした。

文庫カバー
モリスのファブリックを使ったブックカバー(ちなみに今はまってるのは有吉佐和子)


発祥のモリスにまつわる展示からはじまって、北欧、オーストリアの家具、家財、さらには日本のうつわや民芸家具などさまざまな国の、日常に溶け込んだアートが表現されていて、見ごたえがありました。「生活に使ううつわを作る」がモットーの河井寛次郎の陶芸作品も見ることができてよかったです。以前テレビで見て、京都にある寛次郎記念館にいつか行ってみたいと思っていたので。

毎日使うモノこそ、気に入った美しいものを使うという考え方は、私の理想であって今目指しているところと思います。多分通じることだと思うけど昔、雑誌ananに津田晴美さんが書いていたエッセイが強烈に心に残っています。

*************************

良いデザインを支持する精神
・・略・・私たちはたとえ100円のものでもそれにお金を支払うという行為はそのつど意思表示をしているわけです。デザインに関わりのない人でも消費者であれば結果的に買ったものを支持することになるわけです。
・・略・・一人ひとりがものに対して意志を持ってはっきりした立場をとるということは、より良いデザインが生まれる土壌を作っていくことにつながっていきます。今は欲しいものが本当に少なくなったと感じているのは私だけでしょうか。作っている側はわけも分からずものを生み出し、買う側もなんだか分からずに買っている、というのが実感です。何でもいいや、どうでもいい、安けりゃいい、という考えは自分の部屋を、自分の住む社会をスラム化させてしまうのです。・・・・略
(ananの記事から引用。多分すでに津田さんの書籍にある)


*************************

実際には、流行りに流されたり、予算的な妥協で、理想に沿った選択はできないのが現実ですけど、この考えを忘れないようにしながら暮らしを形づくっていったらさらに気持ちの良い暮らしができるのではないかなと思います。



で、美術館に行ったらミュージアムショップに行くことは欠かせません!
今回は欲しいモノだらけで欲望を抑えるのに、まあ必死(笑)
マグカップ
長年使っていたマグカップが割れてしまい、新しいものを探していたところに見つけました。接写なので柄がはっきり出てますが、遠目には単色に見えます。私はどうも柄モノが好きらしい。


いちご泥棒下に敷いた布、モリスの作品で有名な「イチゴ泥棒」という名のファブリック。庭にイチゴをついばみに小鳥がやってきたのを見て思いついたんだそうです。このファブリックで作られた商品が山ほど展開されていました。




ちなみに、ヨーグルトにかけたジャムはイチゴではなくバラジャムです。バラジャム

友人にいただいたもの。花びらがほんのり甘くて美味しいですよ。















2009⁄08⁄07 08:00 カテゴリー:その他 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








ハンドメイド


何ができるかな

2ヵ月後の結婚式に向けて、ウェルカムボードを作ることにしました。
クロスステッチで、作ります。
それなりに飾れる程度の作品に仕上がるといいのですが・・・。
ひまなので、こういうことに取り組める時間があって、嬉しいですね。










2009⁄08⁄06 11:25 カテゴリー:その他 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

はるか

Author:はるか
ママになっても片付けは苦手。夫と息子三人、快適に暮らせるように日々模索中。こざっぱりした家が目標です。


最近のコメント


最近の記事


FC2カウンター


カテゴリー


シンプルアーカイブ


リンク


ブログ内検索


▲pagetop



Copyright © 2009 こまめに片付ける女になる☆. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。