我が家の衣・食・住あれこれ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








だめだこりゃ


ブログのネタにはなるけど、ブログを立ち上げた目的はぜんぜん果たしていない。
今日も相変わらずひどいです。(お目汚し失礼!)



r080531 (7)

r080531.jpg
脱いだ服を踏んで転びそうになるので危険。


r080531 (6)

キッチンも壊滅的状況。

床が散らかってれば当然掃除もやっていない。足の裏がありえないくらい汚い。
当たり前の景色になってたけど、写真で見るとやっぱり、ひくわ。
明日のお休みを利用して片付けるぞー。

ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします☆






スポンサーサイト



2008⁄05⁄31 18:27 カテゴリー:汚部屋 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








片付けの効用


かなり荒れ度合の激しい部屋に、ここ2週間の間になっていた。
そうするといつも必要なもの
(例えば仕事上の書類とか、友達に渡す予定の写真とか鍵とか携帯とか)
が見つからず、部屋中をひっくり返すことになる。

それを戻すときも整理ができていないので、
ざっくりと箱や籠に未分類のまま入れて、
そして毎日それをぶちまけて探し物をして出かけるという暮らしだ。

で、道端でもごみのあるところにごみが集まってしまうように、
部屋が散らかっているのでやりっぱなしの行動に拍車がかかる。
脱ぎっぱなし置きっぱなしやりっぱなし。
ごみと必要なものがごちゃごちゃになってたの。


そして今、私は猛烈に忙しい。
ちょっと胃が痛くなるような案件を抱えていて。
期限付きのことなので来月の中旬にはひとまず少しホッとできそうなんだけど
今は「産みの苦しみ」みたいな状況になってる。
考えてまとめないといけないことがたーくさんあるんだけど、集中できない。
まとまらない、すすまない、焦る!やらなきゃやらなきゃ・・・・





でね、今日午前中2時間ばかり家での時間が取れたので部屋を片付けました。
本当はこの時間にやるべき仕事は山のようにあったんだけど、全部スルーして。
このごちゃごちゃの部屋の状態が、わたしの現在の状態そのものなんだろうと思ったので
まずは部屋という現実を整理していくことで頭の中もクリアに働くようになり、
仕事もはかどるようになるんじゃないかという考えだ。

そしてその考えは正しかったみたい。
捨て捨てモードがグワーッて高まって、
いろんなものを使える状態(つまり出しにくいとか、しまいにくいとかを改善)にして、
いらん物は捨てて(まだ使えないこともないけど使い勝手が悪く不愉快になるものも捨てた)
・・・だいぶさっぱりして仕事に出かけようかなーと思ったら、職場から電話が入り
仕事でキャンセルが出たのでさらに3時間ほど自分の時間が取れることになった。
(わたしの仕事は人と約束して会うフリーランスの仕事なのでキャンセルだと行かなくていいんです)
今から、胃の痛い案件に関する資料の整理に着手する。
とてもいい流れだ。



先回の記事で
「やんなきゃーという気持ちを抱えているのが苦しくていやだから、なんでもさっさとすましておきたいの」
なるほどー。わたしも何ヶ月か前にこんなことを思った(考えた?)記憶があるけど、行動に結びついていないのはなぜなんだろうねー。

と書いた。
何ヶ月か前にこんなことを思ったって、どうして思ったのかなって思い出せずにいたが、
今日片付けながらソファの上に積まれた雑誌の一番下になっていた
一冊の文庫本を見つけて思い出した。


ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)
(2002/04)
田村 明子、カレン・キングストン 他

商品詳細を見る


皆さん読んでおられる本ですよね。
わたしが思ったんじゃなくてこの本に書かれていて共感を受けたんだった。
わたしの友人のことば「やんなきゃーという気持ちを抱えているのが苦しくて」
とは、この本の中に書かれていることそのものなんだなーと思った。
やんなきゃを抱えていることでかなりのエネルギーを消耗しちゃうってことだ。

そして今日、片付けた経験と、その後わたしに本来やるべき仕事をする時間を幸運にも与えられた事実は決して無関係ではないんだなと思ったのでした。

よくわたしテスト前になると机を片付けたりしていた。
私はずっと現実逃避だと思っていたけど
あれは実は、本来の目的に向かっていた行動だったのではないかと今は思う。


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします☆













2008⁄05⁄19 12:41 カテゴリー:片付け comment(2) trackback(0)
▲pagetop








すぐやってみる


GWに旅に行った。
同行者のYさん(同い年・独身・♀)は、それはもうテキパキと物事をこなしていく人で、仕事もよくできる。一方のわたしは、この部屋のありさまを見ればわかるようにやりっぱなし、だらしな系。
このYさんと一緒に旅をして、すっげーなーと思う部分がいっぱいあった。


<ホテルに帰ったときの行動>

Yさんの場合
コンタクトを外す→靴を部屋ばきに履き替える→さっさと風呂に入る「はるかさんのバスタオル濡れるといけないから出しておくねー」という気遣いも忘れない→明日の着ていく服を決めてハンガーにかける→買ったお土産をパッキング→友人にハガキを書く→明日まわるところの予習

はるかの場合
靴も脱がずにベッドに大の字→自分の荷物は無意識にその辺に放る→写真が見たくなってデジカメ取り出し眺めてニマニマ(この間にYさんは風呂に入っている)→そのままうたたね、風呂上りのYさんに起こされる→片付けなきゃなー、荷物がぐちゃぐちゃだなーと思いながらYさんがてきぱきとパッキングする様子を眺める→やっと風呂。しかしはく予定のパンツが見つからずスーツケースをあさる


・・・・・・(-_-;)
Yさんの目的的な行動に比べて、わたしの行き当たりばったりなことといったら!
自分のホテル帰ってからの振る舞いって、やんなきゃなーて思いながらゴロゴロしてるだけだもん。
そして無意識にあっちこっちにモノを置いて、必要なものを探すために、荷物をひっくり返してる。
これ、旅行だから荷物もほんの少しだけど、生活はこの何倍ものモノを探してひっくり返してって事をしてるんだ。散らかる部屋を作り出してるんだ。無意識の振る舞いによって。

テキパキと意識的に行動する姿に感心しきりのわたしにYさんはこう言う。

「わたしは行き当たりばったりができない。分かっていないということが不安なんだよ。だからはるかさんのように行き当たりばったりに生きれるのはわたしにはうらやましいこと。」
「やんなきゃーという気持ちを抱えているのが苦しくていやだから、なんでもさっさとすましておきたいの」

なるほどー。
わたしも何ヶ月か前にこんなことを思った(考えた?)記憶があるけど、行動に結びついていないのはなぜなんだろうねー。


疑問に思って考えているだけではなく体を動かしてみようか。
帰国して、お土産を嬉しがってひろげはじめた自分の周囲にはビニール袋やら旅での汚れ物が散乱しはじめている。
今なのだ!意識しながら行動するのは今この瞬間なんだ。(大げさな表現だね~)

027.jpg

って言うわけで、今回は旅の残骸がいつまでも散らかったままにならずにすみました。
こういうことを毎日やっていけば散らからないんだろう、たぶん。



***おまけ***
お土産を写真に撮ってみた。わたしはパッケージに弱い。フラミンゴ柄の塩。
080509.jpg  マルセイユ


お皿を何枚か割っちゃったので新調。ナブール焼というのです。
お皿


夏のパジャマにしよう。700円くらいでした。
ねまき

サンダルは値切り交渉が十分できず2500円くらいで手を打った。もっとがんばれば下がったかも~。
サンダル

こうしてまたモノは増えていく。管理ができないのに。

ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします☆












2008⁄05⁄09 22:08 カテゴリー:片付け comment(5) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

はるか

Author:はるか
ママになっても片付けは苦手。夫と息子三人、快適に暮らせるように日々模索中。こざっぱりした家が目標です。


最近のコメント


最近の記事


FC2カウンター


カテゴリー


シンプルアーカイブ


リンク


ブログ内検索


▲pagetop



Copyright © 2008 こまめに片付ける女になる☆. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。